体調が悪いってこういうこと?

投稿者:
Pocket

8月某日に、ドラムの個人練習で音楽スタジオに行ってきて、
そのあと、スーパーに買い物行ってから体調が悪くなり、それが数日続きました。

 

8月なので、スタジオの行き帰りや練習中に汗をかくし、疲れます。

それでも水分補給してたつもりでした。
その後の買い物も行き帰りに汗をかいたけど、帰宅して水分補給しました。

 

気を付けてたつもりでも、なぜか体調が悪くなって
買い物で晩御飯の用意もしたけれど、食べられなくて結局18時過ぎに寝ました。

 

 

頭痛とだるさがすごくて何もする気になりませんでした。

 

 

途中何度か起きましたが、翌朝7時に起きました。
12時間以上も横になってたのは初めてのことでした。

 

 

あ、回復したなーと思えたのは一瞬で
「あれ、あたまいたい?」

みたいな感覚は翌朝起きてからずっとあって、その日1日で鎮まると思っていました。

 

 

が、なーーんか頭痛いなーっていう感覚が2週間くらい続きましたね。

 

今、回復してて思い返せばなのですが、これが「体調不良」なのですかね。

 

 

ずーっと体調が悪い

っていう言葉を聞くことがあるのですが、あれ? 2週間続いたこれなのかなと思いました。

 

体調悪くても仕事いかなきゃって思ってしまうこと

 

怖いなって思うのが今まで会社に出勤する日々を送っていたから、
「体調不良」に気付かないまま出社したことがあるんじゃないかなって気付いちゃったんですよね。

 

仕事の現場で「体調が悪いので・・・」と言える現場だといいのですが
だいたいが自分のことよりも仕事。

 

ほとんどの会社がそんなこと考える隙も与えないと思います。

 

 

病は気から、
そして、気で病を制しようとしてたりするんじゃないかって。

 

 

でも、会社にいるときのあの感覚ってなんなんでしょうね?

 

自分のことよりも仕事!!っていうあの感覚。

 

そういう感覚もなく仕事仕事仕事って生きていける人もいるんでしょうけど。
洗脳というか、なんというか。

 

 

「若いこはめっちゃ働いた。会社に止まってた」

 

「有給休暇なんかとったことないぞ」

 

 

ああいう上司の発言は本当に不健康だなと思います。

 

自分もそうじゃなきゃいけないのかなという感覚になるので。

 

 

入社したばかりに上司におごってもらってそういう話聞かされるのだからなおさら。
まあ、普段でも何回もそういう話聞かされましたけど。

 

 

でも、そういうことしか話すことないのかなとは今になっては思いますけど。

 

会社とか、所属してる何かとか、自分の体にうまく付き合っていくにはどうすればいいのかなって考えさせられましたね。

スポンサーリンク
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です